墨田区に伝わる怪談話

皆さんは「本所七不思議」というお話を知っていますか?

これは江戸時代から伝わる怪談で、落語などにより語り継がれてきた歴史的なお話です。

つまり今でいう所の都市伝説のようなものですね。

この「本所七不思議」と墨田区とは深い関係があるわけですが、実は墨田区一帯の昔の地名が本所なのです。

ちなみにこの七不思議で特に有名なのが「置行堀(おいてけぼり)」です。

当時、墨田区一帯は水路の多い場所として知られていました。

そのため魚がよく釣れたみたいですが、ある晩、魚を大量に釣った町人の耳に次のような言葉が聞こえてきたのです。

「置いていけ~‥。」

その声は堀の方から聞こえてきたそうですが、あまりの怖さに町人は逃げ出してしまいました。

そして後で釣った魚を確認すると、そこには一匹たりとも魚が残っていなかったというのです。

それ以来、その堀周辺を「置行堀(おいてけぼり)」と呼ぶようになったわけです。

このお話は河童説が有名ですが、果たして何の仕業だったのでしょうか?

江戸時代からの階段:本所七不思議